読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

航空機は渦で飛ぶ

見たこと、思ったこと、気になったこと。

揚力発生原理 間違い理論

飛行機の話をすると、当然のように出てくるのが、ベルヌーイの定理
ベンチュリ管とか、F1の底とか。あと、ホースで水撒き。
ベルヌーイの定理で揚力を理解しようとするものは、ザックリいえば、ホースの先を握って管の面積を小さくすると流速が上がるという現象で翼周りの流速差を説明している。
だが、前にも少し書いたように、ベルヌーイだけでは不十分だ。

しかし、航空機の機械設計や運航に関わる人でもこの説明で納得してしまっている人が少なくない。原理はわからなくとも、耐空性審査をパスした機体なら飛ぶのだから、知らなくてもどうにかなるのだ。

設計の段階でも、耐空性審査要領に沿って作れば原理を知らなくても安全に飛ぶ機体が作れる。
航空機を作っているから、または整備をしているから、といって揚力発生原理を正しく理解しているとは限らない。

ベルヌーイの定理だけでは不十分なので、それでは納得がいかない!という人が出てくる。ここまではいい。しかし、ここからが問題だ。
なにせ、正しい揚力発生原理を認識している人が少ない。

確実なのは、流体力学が専門で、航空機関係の研究をしている学者さんと、航空機の設計の中でも解析関係の人。
それ以外だと、航空機に興味があって専門書に手を出した一部の人、私のように教官に恵まれた人くらいだろうか。

物理の専門家なら知っているのでは?と思うかもしれない。そして、ためしに聞いてみれば答えてくれるだろう。彼らに罪はないが、これは罠だ。
残念ながら伝統的に誤解している場合が多い。
アメリカの有名大学の物理の先生でも間違っている。
間違い理論を堂々と本に書いてしまって、それが全世界で読まれている。
物理専門の人と揚力について話すのは大変なのだ。なぜかというと、
「だって、先生がそう言ってたもん!」となってしまうから。
伝統的に誤解しているというのはそういう意味だ。
そして、流体が専門の人と物理が専門の人では絶対数が文字通りの桁違いだ。
航空の学科を持っている日本の大学の数を比べてみればわかるが、それぞれの専攻の毎年の卒業生の数を比べただけでも数千人と数万人だ。
物理の方たちに間違い理論を広められると、火消しが間に合わない。

それぞれの理論に対するコメントは山のようにあるが、恨み言を言っても仕方がないので、控えることにする。
航空機は渦で飛ぶ 第1弾の最後に書籍を挙げた松田教授の書かれた記事が、
「航空機 間違い理論」で検索すると一番上に出てくると思うので、それを見てほしい。下のほうで間違い理論それぞれについて触れている。
ちなみに、揚力発生原理についても、私の説明より正確に書かれている。
私の説明でふわっと分かった気になったら、そちらのちゃんとしたのも見てほしい。

揚力関係についてはこの辺で一区切りとする。