航空機は渦で飛ぶ

見たこと、思ったこと、気になったこと。

電子書籍、挫折。

少し前に、1000冊ほどあった漫画や小説を100冊ほどまで絞った。
で、電子書籍に移行しようとしたのだけれど、挫折シマシタ。

 

ここ数か月、紙の本は購入禁止令を自分に出していた。
というか、電子書籍に移行したことにしていた。
これがとてもつらかった。

まず、電子書籍の購入ボタンが押せない。
本屋さんなら、ホクホクでひょいひょいレジに持っていくのに。
さらに電子書籍は、(やっとの思いで)買ってもうれしくない。
むしろなんか……罪悪感?
しかも、買った本も開かない。
どんどん、本を読まなくなった。

これは、とてもマズイ。私にとっては由々しき事態。
なぜかと言えば、本を読めなくなると、落ち込んだまま帰ってこられなくなって干からびるから。現実から物語の中に逃避してエネルギーをチャージしないと、私はうまく機能しない。学生の頃に一回干からびて痛い目を見ているので、エネルギーが底をつく前にどうにかしないといけない。

ということで、紙の本を買った。
とっっってもうれしい。
そして、また読むようになって干からびずに済んだ。満タンつやつや。

紙と電子、何が違うのかな?
読みやすさは(画面フラットだから)電子のほうがいいはずなのに。
物語を開くまでに時間がかかるのがいけないのかな。閉じるのにも7秒かかるし。
それとも、ちょっと小さいから?
なんにせよ、電子書籍はめんどくさいなっていう意識は、確かにあるかも。
あと、なぜか集中できない。
電化製品をいじるのがそんなに好きではないのも関係あるかな。
多分、原因は一つじゃない。
意識に上るもの、そうでないもの、ちょっとした不快感、めんどくささ、
小さなストレスが積み重なって、電子書籍から遠ざかってしまったのだと思う。

こういう、なぜかどうしても苦手なものがほかにもいくつかある。
経験上、これはもう努力ではどうにもならない。
私が死ぬまで紙の本が今のまま存在していてくれることを祈るしかない。